ゴルフスイング談義    トップメニュー    基礎編    Case by Case    クラブ診断    lessonDVD    ウェア&グッズ    Blogゴルフ雑感

インパクト

 「腕のローテーションが重要」line-blue.png

インパクトはアドレスの再現とよく言いますが、必ずしも再現ではありません。
なぜなら、アドレス時のグリップ位置は左足股関節の前でしたが、インパクト時のグリップ位置は左足太ももの前です。
またアドレス時は全てがターゲット方向へそれぞれがパラレルにスクウェアですが、インパクト時は腰はターゲットに対し45度程度、上体は15度程度開いています。

ダウンからインパクトまでは左腕(左手)がリードし、右腕(手)で打ち抜くのが基本です。
ダウンが始まり、体を回転させハーフウェイダウンまでグリップが降りてきました。クラブシャフトは地面と平行です。
ハーフウェイダウンからインパクトにかけて、体の回転と同時に一気にクラブを振りぬいていきます。
体の回転と同時に左手の甲がターゲット方向を向き、左手甲と左腕がアーチ状になるように左手をローテーションしてクラブヘッドをスクウェアにし、インパクトします。

インパクト時は回転軸の左右の多少の移動はあっても 、アドレス、トップ、インパクトと角度は同じ。
またビハインド・ザ・ヘッド。頭がボールより後ろにあり、"咽"と"右腕ひじ"と"右足すね"が一直線状にあることが理想的なインパクトです。
その時右手首は上腕の方へ90度近く折れています。 右手の平でクラブヘッドを押すかのように力が働き、そのまま右手はターゲット方向へ伸びていきます。

最近のクラブは慣性モーメントが大きく、普通にダウンスイングに入ると、インパクト時点でヘッドがスクウェアに返りやすくなっています。
しかしフェース面をインパクトゾーンで出来るだけ長い間スクウェアに移動させるために、腕のローテーションが重要になります。
インパクト後は右腕を大きくの伸ばしながら左耳辺りにグリップが来るようにフィニッシュします。
最近はインパクト後ヘッドは返さない、と言いますが返さないと距離は出ません。右へフェードしてしまいます。
フォロースルーでシャフトが地面と平行になった時、クラブのトウは11時ごろを指すのが理想でしょう。
インパクト時のヘッドの軌道により、フォロースルーで更にヘッドが返っていくのか、そのままターンするのかによって球筋が違ってきます。
左手のローテーションと右腕の使い方によってインパクト時およびインパクト後のヘッド軌道が決まってきます。

インパクト プラスα line-blue.png

ドライバーはスウイングプレーンの最下点の左側でボールを捕らえますが、アイアンでは右側で捕らえ、ボール左側のターフを取る打ち方をします。
アマチュアの方でターフの取れない人を多く見かけます。
スイングは振り子スイングと言われますが、振り子の支点の場所が重要です。
暑い時に使うセンスをイメージしてください。
センスは広げると大きな扇と手元に小さな扇が出来ます。
あなたのスイングをセンスに置き換えてください。グリップ中央(左手と右手の中間)を境としてインパクトの時に左手首が折れて、ターゲット方向と逆の方向にバックしていませんか。
右手が左手を追い越していく。正にセンスの状態です。
これではターフが綺麗に取れる打ち込むスイングは出来ません。ダフったりすくい打ちになったりします。
振り子スイングは、左肩を中心にクラブが回転し、大きなアークを描きます。
インパクトで右手を伸ばし、手の平でボールを押し込むようにします。
右手が左手を追い越すことはありません。

●またインパクト後フォローですぐ腕をたたむ人がいます。
ボールを意識的に高く上げる場合、腕をたたむことはありますが、一般的には出来る限り伸ばしてフィニッシュに向かいます。
その方がラインを出しやすく、打球の方向性が安定します。
研究してみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://escar.biz/mt5/mt-tb.cgi/96

コメントする





相互リンク集

相互リンク集リンクくん
相互リンク集