ゴルフスイング談義    トップメニュー    基礎編    Case by Case    クラブ診断    lessonDVD    ウェア&グッズ    Blogゴルフ雑感

ダウンスイング

 「タイガーダウン」 line-blue.png

そもそもゴルフスイングは僅か0.2秒の世界です。
アドレスからフィニッシュまで一体の動作ですから、ここからダウンスイングに入りますといったポイントがありません。
特にトップからダウンに入る時点は複雑で、 切り替えしのタイミングをとり方に苦慮する人も結構います
トップを迎える寸前に下半身はダウンの動きをし始めるのが本来の切り替えしです。

ダウンで気を付けなければいけないことは、右肩が出ないようにすることです。
クラブをインサイドから振り下ろして、アウトサイド方向に振りぬくイメージが大切です。
アウトサイド方向へ振りぬくとは、同時に体が回転していきますので、ヘッドがターゲット方向からインサイドへ抜けていくという事です。
テイクバック時に、左腕が9時を指した頃からトップまでは体の回転のみ、と言いましたが、ダウンはその反対です。
ハーフウェイダウンのあたり、すなわちシャフトが地面と平行となるところ(左腕が8時あたりを指す時点)までは、体の回転のみでクラブを降ろしていきます。
テイクバックとはまったく逆をたどります。 そこまで我慢しきれずつい腕でクラブを引き降ろしてしまう人が殆どですが、そのようなダウンではヘッドが走りません。
ハーフウェイバックまで我慢しましょう。 そこから一気にインパクトにかけて体を回転させると共に、コックを解いてインパクトを迎えます。

ダウン寸前にトップの状態のままで少しターゲット方向へ体をスライドさせ、左腰を後ろ方向へ切りながらハーフウェイバック辺りまで体を回転させる。
これが切り返しのタイミングのポイントであり、飛距離を出すポイントでもあります。
また"タイガーダウン"とか"ボディーブローを打たれたように"とかいいますが、体の捻転を解く、コイルが巻き戻されるようにダウンし、インパクトへむかいます。

左腕が9時あたりの時、クラブフェイスのトウは12時を指します。
またハーフウェイダウン地点で、左手甲が正面を向くように(テイクバック時と同じ)意識してください。その時クラブフェイスは11時ごろを指します。
まだ左手甲が返りきらず、斜め上を向いた状態の人を見かけますが、この時点でフェースが開いているとスライスの原因となります。
よくグリップをボールに向けてぶつけるように引き降ろしなさい、という教えもありますが、向けすぎるとヘッドが開く原因になります。
人間の感覚は不思議なもので、そのような状態を知らぬうちに察知し、スライスにならないようにフェースを被せる動きをします。
そのためにヘッドがアウトサイドから入り、カット打ちでより一層スライスになるか、引っ掛けの原因になります。

ダウンスイング プラスα line-blue.png

表現がいいのか悪いのかわかりませんが、ダウンスイングでは右腕の、いわ二の腕で右乳首がすり落とるすくらい右腕を絞ってインパクトへ向かへ、といいます。
想像してみてください。そのような状況で右肩が前に出ると考えられますか。右腕は完全にターゲット方向へ縦に下りてきます。

●草刈がまを振り下ろすようにダウンしなさい・・とゴルフの神様ハーヴィー・ぺニックは"リトル・レッド・ブック"で言っています。右手首のコックの角度を維持しながらダウンし、インパクト時に草の根を切り取るかのようにボールを打つ。
決してクラブを振り回すのではありません。

●ダウンスイングにはV字型とU字型があります。
基本的にはV字型はヘッドがボールに鋭角に入っていきますのでスピン量が増し飛距離が出ます。但し風がアゲンストの場合はスピン量が多いと吹き上がり、距離が出ず、また右へスライス気味に飛んでいきます。
反対にU字型はV字型に比べ、距離が出ません。しかし極めてハンドファーストにスイングし、ヘッドを立ててインパクトすれば低弾道で、アゲンストの風に負けない弾道になり、攻撃的なゴルフができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://escar.biz/mt5/mt-tb.cgi/95

コメントする





相互リンク集

相互リンク集リンクくん
相互リンク集