ゴルフスイング談義    トップメニュー    基礎編    Case by Case    クラブ診断    lessonDVD    ウェア&グッズ    Blogゴルフ雑感

フィニッシュ

 「フィニッシュは I 字で」 line-blue.png

ドライバーや長いクラブとアイアンのフィニッシュは違います。
ドライバーは横振りでアイアンは縦振りです。
ドライバーなど長いクラブは飛ばす(飛ぶ)クラブであり、振りぬきますが、アイアンは距離を合わせるクラブでコントロールするクラブです。
ドライバーはクラブ軌道の最下点より少し左側が打点となり、アッパーに球を捕らえますが、アイアンはクラブ軌道の最下点より右側でダウンにて球を捕らえます。
ドライバーは捻転した体を使ってヘッドを走らせ振り抜きますが、アイアンは体とクラブを正対させながら体で打ちます。決してヘッドを走らせません。
ですからフィニッシュの形は、ドライバーは両腕が首に巻きつく感じで、シャフトが背中を回り気味になりますが、アイアンはグリップが左耳辺りで止まり、シャフトが左斜め上へ伸び、クラブと右腕、右足がほぼ一直線となります。
どちらもフィニッシュの姿勢はほぼ直立状態で、左足一本でも立てるくらい体重が左足に乗っているのが普通です(右利きの場合)。
アイアンを振り回し、無理に飛ばそうとする人がいますが、本来飛ぶ距離の8割がたの距離を確実に打つようにします。
そのために3番からサンドウェッジまであります。
上手なクラブ選択と無理のないスイングをしましょう。

フィニッシュ プラスα line-blue.png

インパクトまではビハインド・ザ・ヘッドで頭はボールの後ろにありますが、インパクト後は体の移動と共にターゲット方向へ移動していきます。
体重も全体重が左足に載っていき(右利きの場合)、左足1本で立てることが出来る I 字スタイルでフィニッシュ。
勢いあまって右足が前に出てしまうことも"あり"です。
スイングはフィニッシュを想定してスイングすべし、とも言います。
スイングリズムの乱れなどにより、グリップ起動が想定外にならないように、最終グリップ位置やフィニッシュを想定してスイングしましょう。
インパクトはスイングの一通過点に過ぎません。
あなたが間違いのないあなたのスイングを身に付けた後は、テイクバック開始と同時にフィニッシュを念頭においてスイングしましょう。
テイクバックの始まりでそのスイングは決まってしまいます。
そのスイングを決める要素のひとつにワッグルがあります。
ワッグルと想定したフィニッシュでスイングが決まるといっていいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://escar.biz/mt5/mt-tb.cgi/97

コメントする





相互リンク集

相互リンク集リンクくん
相互リンク集